地盤改良工事



確実な施工「HySPEED工法」。これが強さの秘訣です。



確実な施工「HySPEED工法」。これが強さの秘訣です。

(1)地震の揺れや液状化に威力を発揮!
(2)永久強度を実現
(3)省エネルギーを実現

自ら支持層を形成する画期的な工法で、地層の起伏に影響されません。

HySPEED工法は、必ずしも強固な支持層を必要としない工法です。
軟弱な地盤を、砕石パイルと圧密により強固な地盤へと蘇らせて行く画期的な自然工法です。
オプションの「あんしん埋炭」を併用すれば、お家まるごとイオンの住まいに大変身。
健康的な住環境を実現します。

ピストンバルブのスピーディで正確な施工で、強固な地盤と工事期間の短縮を一挙に解決。

1.HySPEEDドリル(直径400mm)により地盤を掘削し、
2.天然砕石(直径20~40mm)を投入します。
3.砕石厚30cm程度毎にハンマー転圧(ピストンパルブ)をして、十分締め固めをしながら地表まで砕石パイルを構築します。

HS1

HS2

p1

p3
大地震時には図のように地層の境目に沿って、せん断力がかかります。
セメント柱状杭や鋼管杭などでは、杭が折れ家の重さに耐えきれなくなり、家が傾いたり沈んだりします。

これがHySPEED工法だと、砕石杭はせん断に対して追随することで、杭自体の破損は起こりません。
又、地盤そのものを強くしますので、地震の揺れによる強震をやわらげる効果があります。

p4
砕石パイルはそれ自体が水を通すため,水圧を逃す効果があり、何本も作られた砕石杭によりその効果は絶大で、地震による液状化を事前にくい止めることができます。
このエントリーをはてなブックマークに追加